How to use our cake toppers

ケーキトッパーの使い方

Product image

Classic Styling

一番シンプルな使用方法は、ケーキの真ん中に挿して使用する方法。帽子をかぶるように、優しくトッパーをケーキに挿してください。

Off the Side

ケーキの上にお花や果物で飾っている場合は、真ん中からずらしてケーキのスタイルに合わせて端や、手前に挿して飾ります。ケーキのデコレーションが非対称的な時や小さめのケーキ、横幅よりも縦の方が長いトッパーの場合にオススメですね。

Product image
Product image

A Tip about the Stick

欧米では、スティックの部分を隠してケーキの上に挿し飾るのが一般的です。スティックを見せずに飾らなくてはいけないということではありませんが、スティックが見えない方がケーキとトッパーが別々の物ではなく、一体感が出て一つの”ケーキ”となると思います。In The Momentの作品ページでは、ほとんどの作品でスティックを見せずに飾っておりますのでご参考ください。加えて、ウェディング用のトッパーは、スティックが約10cm(Birthday・Event用は5~8cm)となりますが、こちらはお花や果物の上に挿しても、十分にケーキ本体まで届くことができるよう長めにしております。もし、スティックの部分が短くケーキ本体に挿すことができない場合、トッパー自体の重さでバランスを崩し真っ直ぐに飾れない可能性がございます。

2 or More Tier Cakes

2段、3段のケーキであれば、必ず1段目(トップ)にトッパーを飾らないといけないということはなく、シンプルに2段目・3段目に飾ってエレガントなケーキにする事もできます。トップには人形トッパーやお花、果物でデコレーションし2段目・3段目にシンプルなトッパーを飾ることでオリジナルケーキができますよ。

Product image
Product image

Floating Toppers

In The Moment オリジナルデザイン 透明のアクリル板を使用し、トッパーの文字が宙に浮いているように見える近未来型トッパー “フローティングトッパー” 。透明のアクリルを使用することで、文字同士を結合する必要はなく文字(名前)が読みやすく、より高級感のあるトッパーが作成できます。また、通常のアクリルトッパーよりも強度があり、破損しにくい作りとなっております。このフローティングトッパーはカスタムメイド(名前付き)のトッパーで主に作成しております。 使用方法は、1段目で使用して浮いているようにも見せることもでき、2段目に使用して文字がケーキに書かれているように飾ってみることもできます。